○智頭町公共事業再評価委員会設置要領

平成15年8月28日

告示第91号

(設置)

第1条 智頭町公共事業再評価実施要綱(以下「要綱」という。)第3条の規定に基づき、第三者の意見を求めるため、智頭町公共事業再評価委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は、町長の諮問を受けて、要綱第2条に規定する再評価の対象となる事業のうち、事業の進捗状況及び事業を巡る社会経済情勢の変化等を勘案して検討を要すると認められる事業について審議し、その結果を町長に答申する。

(組織)

第3条 委員会は、10人以内で組織する。

(委員)

第4条 委員は、公共事業の再評価に関し専門的な知識を有する者のうちから、町長が委嘱する。

2 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠又は増員により選任された委員の任期は前任者又は現任者の残任期間とする。

3 委員は、再任されることができる。

(委員長)

第5条 委員会に委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、会務を総理する。

3 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指名する委員が、その職務を代理する。

(庶務)

第6条 委員会の庶務は、地域整備課において処理する。

(その他)

第7条 この要領に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会が別に定める。

1 この要領は、平成15年9月1日から施行する。

2 第1回の委員会は町長が招集する。

智頭町公共事業再評価委員会設置要領

平成15年8月28日 告示第91号

(平成15年9月1日施行)

体系情報
第10編 設/第1章
沿革情報
平成15年8月28日 告示第91号